宇治茶葉と香りへのこだわり

文学史上、世界的に有名な源氏物語。ヒロイン「浮舟」が運命に翻弄される最終章「宇治十帖」の舞台・京都は宇治の地。

詳細を確認する

泡力で優しくお肌を包み込む洗顔

きめ細かい泡のチカラで洗って、しっとりした仕上がりのお肌を目指します。泡がクッションになって、お肌を包み込み優しく汚れを落とします。

詳細を確認する

植物由来の洗浄成分

うるおい成分(ヒアルロン酸、ハチミツ、14種類の植物エキス)がお肌にうるおいを与えます。

詳細を確認する

オンラインショッピング

ご購入の際にはオンラインショッピングサイトをご用意しております。

詳細を確認する

宇治の無農薬茶を使用した、無農薬茶葉石けん「宇治十帖 浮舟」

江戸時代中期、畠山当主が藩主にお茶を献上して以来200余年、お茶の心と技を磨き続ける畠山翠蒼園の無農薬茶*を使用しています。

当製品は加水分解コムギ末を使用しておりません。

※保湿成分(表示名称:チャ葉)

受け継がれる茶葉の栽培

日本有数の茶どころである宇治。この地で江戸時代から守り育まれている畠山 翠蒼園の茶畑。宇治はその土壌が茶の栽培に適しており、また川霧の影響もあって湿度が高く、様々な恵まれた自然条件が重なって、お茶の生産地として知られるようになり、全国に宇治茶が広まりました。

「畠山翠蒼園」の無農薬茶葉の安全性が検証により確認されております。(無農薬茶葉に関する安全証明)

畠山翠蒼園

翠蒼園の「翠」「蒼」の字は、どちらも緑茶のみどり色を表しています。その名称からもお茶作りに対する真摯な姿勢が感じられる、江戸時代から続く製法を守る老舗茶園です。

「浮舟」イメージ動画